コンテンツ

オリーブのおはなし



オリーブオイルの特性
オリーブオイルを毎日たっぷりと摂取している地中海沿岸地方では心臓病や動脈硬化性疾患の発生率が極めて少ないのをご存知でしょうか。
エクストラ・ヴァージンレベルのオリーブオイルは、絞っただけで精製していないので、栄養分がしっかりそのまま溶け込んでいます。A、D、E、とくにEは豊富で、抗酸化物質としておなじみのポリフェノールも含まれています。これらは活性酸素を退治し、細胞の老化防止に役立ちます。またこれらのビタミンは、油と一緒にとると吸収されやすくなるので、からだを内側から若々しさを保ってくれます。

毎日オリーブオイル、オリーブオイルの働き
○ 動脈硬化、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞の予防
オレイン酸は血中の悪玉コレステロール値のみを下げ、善玉コレステロール値は、そのままキープする働きがあります。血管壁も健康に保たれます。また脂質代謝、糖代謝を活性化させるので忠誠脂肪がつきにくくなり地中海式ダイエットにもおすすめします。ご飯やパスタのような穀物、魚貝、野菜や豆類、果物を多く食べる食習慣に比べ、動物性脂肪の肉類、バターなどを多く食べる食生活に心臓病や大腸ガンが多いこともわかってきました。


○ 胃腸の弱い人、便秘の解消に
『朝のスプーン一杯のオリーブオイルは、多くの病気の予防になる』と言われるほどよいそうです。オリーブオイルを直接飲むと辛みや苦みがあるのでスープや野菜ジュースにスプーン一杯たらすと美味しく頂けます。植物油の中で最も胃に優しく消化吸収が良く胃酸の分泌を調節し、腸の働きを高め滑らかにします。オリーブの果実を絞るので他のオイルに比べ植物繊維も豊富に含まれています。便秘気味の方には、夕食時に、オリーブオイルを使ったお料理をオススメします。


○ 老化防止にオリーブオイル(ビタミンE、ポリフェノールが豊富)
緑黄色野菜、特にトマトに多く含まれる色素カロチンやリコピンは、オリーブオイルと一緒に摂ると、リコピンの吸収は4倍になると言われます。オリーブオイルには、鉄分の吸収を高めるビタミンC、カルシュウムの吸収を高めるビタミンD、抗酸化作用のあるビタミンEも他の植物油に比べ3〜5倍多く含まれ老化の元となる活性酸素を除去する働きもあります。また、骨のカルシュウム分を保護する働きもあるのでご年配の方の骨粗しょう症の予防にもなります。


○ 子供の脳の発達にも
エキストラバージンオイルは、母乳の脂肪酸の比率に似ていることが分かっています。
地中海地方では、離乳食にもオリーブオイルをすう滴たらしてあげています。そうすることによって脳と骨の発育を促進させる働きがあるのだそうです。妊娠中の方にも安心してお使い下さい。


○健康的な肌に
オレイン酸が皮膚を保護し整える働きがあるので地中海地方には、アトピーに悩まされている人が少ないそうです。




オリーブオイルと他のオイルの違い
オリーブオイルが他の植物油と異なる最大の違いは、オリーブオイルが実を生のまま搾ったのに対して、ほとんどの植物油は種を炒って絞っていることです。オリーブオイルは熱を加えず、また化学処理もしていません。酸化されにくいオレイン酸を多く含むため他の食用オイルに比べ酸化されにくく、固まりにくい性質を持っています。とくにエクストラヴァージンオリーブオイルは、オレイン酸を約75%含み、血中の善玉コレステロール(HDL)は、そのままに悪玉コレステロール値(LDL)のみを下げる働きがあります。

大豆、コーン、キャノーラ、グレープシード、ゴマ、など植物の種から作られる油は、高温処理、科学溶媒によって脱臭、脱色が行われ無味無臭の物がほとんどです。
動物性
植物性 ー 不飽和脂肪酸 室温で液体状のもの
一価不飽和脂肪酸(オレイン酸) オリーブオイル
多価不飽和脂肪酸(リノール酸、リノレン酸)べにばな、コーンオイル

植物油脂の臨界点   発煙温度
オリーブオイル    210度
ヒマワリ油 大豆油  170度
菜種油        160度
バター        110度




オリーブオイルの使用の注意点
オリーブオイルに含まれるオレイン酸の性質で温度の低い場所に置いとくと凝固し白濁する事があります。暖かい場所に置けば元に戻り,品質には、問題なく,体にも害は,ありません。


保管方法
・オリオサントのオリーブオイルは、基本的にノンフィルターの為開封後は、密封できる容器に入れ,空気に触れないように気をつけて早めにお使い下さい。
・22℃以下の暗所に保管し,高温多湿の場所は,避けてください。
・臭いを吸収しやすいので臭いのない所に保管してください。
・一度フライなどに使用したオイルは,必ずフィルターをかけてください。(残存物が酸化、劣化の原因になります)





オリーブオイルQ&A
Q オリーブオイルの賞味期限は、どれくらいですか?
A 国際オリーブオイル協会では、瓶詰めしてから18ヶ月ぐらいと決めています。保存状態が良ければ賞味期限が切れていても1年は、大丈夫です。保存状態が悪いと嫌な臭いがします。

Q オリーブオイルを開けたら、いつまでに食べたら良いのでしょうか?
A 味、香りを楽しむには,1〜2ヶ月で食べきる事をお進めします。開封後1年以内には,使いきった方が良いでしょう

Q 揚げ物をしたオリーブオイルは,繰り返し使えないのでしょうか?
A キッチンペーパーなどでこして密封容器に保存し、野菜などの炒め物にお使い下さい。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

日曜、祝日と水曜日は、
定休日の為、出荷業務をお休みとさせて頂きます。

ページトップへ